この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

マイホーム購入時に考えるべき3つのポイントとは

住宅ローンの種類と内容について

民間金融機関の住宅ローンには大きく分けて3つの金利タイプがあります。

まず1つ目の「全期間固定金利型」です。
こちらのメリットは、借り入れ後は市場の金利がどのように変化しても借り入れの金利は変化しないので、返済計画が立てやすいところです。
デメリットは、もしも市場の金利が下がっても高いままの金利で返済をしていかなければいけないところですね。

2つ目の「固定金利期間選択型」のメリットは、固定金利期間中の返済額が一定で予定が立てやすく、その後は市場金利が下がったときには返済額も少なくなるところです。
デメリットとしては、市場金利が上がってしまうと返済額も増えてしまうところです。

最後の「変動金利型」のメリットは借り入れ後に市場金利が下がった場合に返済額が減るところ、また他の住宅ローンと比べると金利が安く設定されているところです。
デメリットはやはり市場金利が上がった際に返済額も増えてしまうところです。

住宅ローンのタイプ別の選び方

それぞれのタイプがどんな方にオススメかを説明していきます。

まず「全期間固定金利型」タイプですが、基本的には返済金額が変わることがないので、非常に安定していると言えます。
他のタイプに比べ多少割高になっても、安心感が欲しい方は「全期間固定金利型」タイプがオススメです。

次に「固定金利期間選択型」は、支払いはじめの金利を引き下げて安定的に支払いし、その後は多めに返済するなど支払いの方法に幅があるのが特徴です。
例えば、支払い始めは子育て費用がかかるので、返済額を抑えめにしたいと思っている方などには非常にオススメできるといえるでしょう。

最後に「変動金利型」は、金利が低めに設定されているものが多いのが特徴です。
しかし、金利の見直しを半年に1回するので市場の影響を受けやすく、状況によってはリスクを伴う可能性があります。
金利の動向をチェックするのが得意な方であればオススメできるサービスとなっています。


TOPへ