この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

マイホーム購入時に受けられる補助金などについて

住宅購入時に利用できる補助金

実際に今年の補助金にどのようなものがあるかを確認していきましょう。

まずは「すまい給付金」です。
こちらは収入が一定以下の、住宅の所有者兼居住者が対象となる補助金です。
その他にいくつか要件がありますが、現状最大30万円の給付金を受け取ることができます。
住宅の引き渡しから1年以内に申請すればOKで、すまい給付金事務局に書類を郵送、もしくは申請窓口に持っていくことで申請できます。

その他に「地域型住宅グリーン化事業」といった補助金もあります。
長期優良住宅や低炭素住宅と呼ばれる、省エネの性能や耐久性能に優れた住宅を主に新築する場合に受け取れる補助金です。
こちらは最大で140万を超える額になります。
かなり大きな金額になりますので、マイホーム購入を検討している方は補助制度の詳細を確認してみましょう。

ここで紹介した補助金はほんの一部です。
興味のある方はどんな補助金があるのかを調べてみることをオススメします。

住宅購入時に利用できる減税制度

次に減税制度をご紹介します。

まずは所得税減税の制度です。
一般住宅の住宅ローン減税では、最大減税額が400万、認定住宅については最大減税額が500万となっています。
こちらは10年間にわたり所得税から差し引かれる制度ですので、年末調整で給料の支払いに含まれる形で戻ってきます。

他には登録免許税の軽減という制度もあります。
住宅を取得した場合その所有権を登録しますが、この「所有権保存登記」にも税金がかかります。
この税金が通常よりも低い税率で登録することができる制度となっています。

不動産取得税にも軽減制度があります。
新築の不動産の取得税額から最大で36万円が減税される制度です。
多少の要件はありますが、比較的受けやすい減税制度となっています。

こちらも様々な種類の減税制度がありますので、しっかりとチェックし利用できる制度はもれなく利用していきましょう。


TOPへ